私たち家族は最近、三回目の引越 – パンクをこよなく愛する今日の若者に捧げる映画鑑賞能力上達法
 

私たち家族は最近、三回目の引越

| Posted in 未分類

私たち家族は最近、三回目の引越し体験をしました。

引越しの作業は毎回大変なのですが、慣れたものです。荷造り、荷ほどき、大体が私の仕事です。

旦那はいつも家電、家具などの大きいものを掃除や片付けをしてくれます。

ただ、この引越し時は洗濯機の水抜きを忘れてしまったようで、新居の洗面所で水が漏れてしまいました。

アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、最後に、退去時の立会いという、ちょっとした試練があるでしょう。大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、室内の状態をくまなくチェックする訳です。

立会いを終了させてやっと退去です。

それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、水道ガス電気など、公共料金の支払いはすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。

自分が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に入れて荷造りするかどうか迷いました。私は車があったので、旦那が細かい荷物とか必需品と同じくパソコンものせて新宿に持ち運ぶことにしました。
パソコンはきちんと梱包しても、もしも、誰かが起動させてしまったとしたら、個人データが沢山あるので、すごく心配だったからです。

あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。

その多くを占める割れ物は、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと開けてみたら壊れていたという事態になりかねません。

ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。

それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んでまた、専用の箱があるのでそれに入れるなど、梱包全体に厳重な注意を払うと相当気持ちは楽になります。転居の際、必要な作業は様々です。

そんな中でいろいろな物の梱包を、衣服から日用品までなんでも自分でこなしてしまう人は意外に多いのですが、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包を業務の一つとして、メニューに入っています。

そういうことであればここは自分で作業せず、業者に梱包もしてもらうのが良いようです。

素人が行うより、プロなりの手順と方法に任せる方が確実です。
また、作業中や運搬中に、破損などの被害を受けることがあっても梱包を行った業者が責を負って損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。
勤めが変わった事により、移転することが決まりました。
東京を出て仙台です。インターネットの光回線ももちろん、契約解除する事になります。今度は、光回線ではなく、ADSL及びWIFIにしようかと考慮しています。

近年、仕事が忙しく、ネットをさほど使わなくなったからです。

「引越しソバ」という慣習とは転居の際にご近所への引越しの挨拶として持っていくものです。
私も以前もらったことが昔、あります。
ソバのように細く長いお付き合いを今後ともよろしくお願い致します。という感じの意味合いが込められているそうです。

ご存じだと思いますが、引っ越しの際には自家所有の自動車にも住所変更手続きが必要になります。

ナンバープレートが変わることについては心配になるかもしれません。日本全国どこでも、ナンバープレートの変更があるかどうかは陸運局の管轄地域が問題になってきます。引っ越しの前と後で、管轄の陸運局が同じならナンバーは変わらなくなります。異なる陸運局の管轄であれば当然、ナンバープレートも変わります。

引っ越しを契機としてNHKの番組をテレビで見ることはないと予想され、NHKに解約の連絡をすると、NHKが受信できないことを証明しなければならず、思いの外大変なことになります。
また、受信料を口座引き落としにしていると、解約の手続きが全て終わるまではNHK受信の有無にかかわらず引き落としが行われます。
段取りを決めたら、一日でも早く解約に向けて動かなければなりません。
無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたらもちろん、運転免許証の住所の記載についても変更の手続きを行なう必要が出てきます。

ほとんど車に乗らないから、この次の更新時まで特に住所変更をしておく必要性を感じない、と考える人も一定数存在するようです。でも、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。携帯電話の新規利用を申し込んだり、機種変更をする場合に常に携行していることの多い運転免許証は、本人確認書類としては優秀です。それに、金融機関で口座開設する時も必要になります。ですから、できるだけ早く最寄りの警察署か免許センターで、住所変更は済ませておきましょう。